2022/04/22
プレスリリース fotowa

ピクスタ株式会社

【LGBTQ130人に調査】95%がパートナーとの写真撮影 プロに依頼したことない
出張撮影 fotowa「LGBTQへの理解と支援」の意思表示を開始
「自分たちらしい家族写真」を残せるようフォトグラファー向け研修も開催

ピクスタ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:古俣大介、東証グロース:3416、以下「ピクスタ」)が運営する、家族・子ども向け出張撮影プラットフォーム「fotowa(フォトワ)」は、フォトグラファー検索一覧ページ、及びフォトグラファー詳細ページにLGBTQやその家族に理解と支援の意思があることを示す「LGBTQフレンドリーアイコン」の表示を4月22日(金)より開始いたします。

______lgbt_.jpg

■「LGBTQフレンドリーアイコン」表示開始の概要

fotowaでは、写真を撮りたいと思っている様々な背景を持つ人々にとって、使いやすいサービスにするためには安心して頼めるフォトグラファーに出会うことが重要と考え、その一環として、以下のような取り組みをはじめました。

①登録フォトグラファー向けのLGBTQとセミナー受講と理解度テストの実施(定期開催予定)
②フォトグラファーにLGBTQへの理解と支援の意思があることを示す「LGBTQフレンドリーアイコン」表示の開始

20220422___LGBTQ_PH.jpg

《詳細》
株式会社Nijiリクルーティング様ご協力のもと、fotowaの登録フォトグラファーを対象に「LGBTQとその家族の写真撮影に関するセミナー」を開催。
受講後、理解度テストに合格したフォトグラファーのうち、希望者にのみLGBTQへの理解と支援の意思があることを示す「LGBTQフレンドリーアイコン」を表示いたします。

これにより、プロに家族写真を撮ってもらいたくても「周囲の視線」や「フォトグラファーへのカミングアウト」が懸念材料となり、撮影を断念しているLGBTQのご家族にも、安心してフォトグラファーに撮影の懸念点に対する相談と撮影依頼ができるようになればと考えています。

同セミナーと理解度テストは今後も定期的に開催予定で、今回の第1回目では49名のフォトグラファーにLGBTQフレンドリーアイコンが表示されることになりました。

■背景 〜fotowaの想い〜

fotowaは出張撮影を通じて「あらゆるご家族・子どもたちに幸せな時間と写真を提供したい」と考えているサービスです。家族のカタチは様々ですが、どんな家族にも、写真を残したいという想いはあるはずです。でも、もしかしたら様々な事情で、様々な不安があって、撮影することを諦めている人がいるかもしれません。そのひとつに「LGBTQのご家族」がいるかもしれないと考えたのが、今回の取り組みのきっかけです。実際に、LGBTQ当事者の方々137名にアンケート調査を実施しました。

その結果、約8割の人が「何も懸念もなければプロのフォトグラファーに家族写真を撮ってほしいと思う(77.4%)」と回答したのに対し、9割以上の人は「プロのフォトグラファーに家族写真を撮影してもらったことがない(94.2%)」ことがわかりました。

20220422___LGBTQ_G1.png

20220422___LGBTQ_G2.png

また、撮影を検討するうえで、不安な点や難しい点について尋ねると、「周囲の視線(48.2%)」や「フォトグラファーへのカミングアウト(46.0%)」が懸念材料になっていることがわかりました。その上で「プロに撮影を依頼する場合、フォトグラファーがLGBTQに理解があることを望むか」を尋ねると、「希望する」人は9割以上に登りました。

20220422___LGBTQ_G3.png

20220422___LGBTQ_G4.png

写真を撮りたいと思っている様々な背景を持つ人々にとって、使いやすいサービスにするためには安心して頼めるフォトグラファーに出会うことが重要です。まずは「わたしはLGBTQに理解があるから安心していいですよ」「よかったら相談してくださいね」という意思表示をすることで、少しでもLGBTQとそのご家族が「プロの手で家族写真を撮ってもらいたい」という気持ちを諦めずにいられたらと考え、アイコン表示をすることにいたしました。

<調査概要>
調査名:LGBTQ当事者の写真撮影に関するアンケート
調査期間:2022年3月22日〜3月31日
回答数:137名
調査方法:LGBTQ関連団体登録者へのインターネット調査

■今後の展開

今後も既存のフォトグラファーはもちろん、新規で登録するフォトグラファーにもLGBTQセミナーと理解度テスト受講の機会を定期的に提供していく予定です。
また、他にもさまざまな事情で「プロに自分たちらしい写真を撮って欲しいのに諦めている」ご家族がいることにも目を向け、LGBTQに限らず、あらゆるご家族に、安心して撮影の相談できる環境を整え「その家族らしい写真」を撮ることを諦めなくていいサービスを目指していきたいと考えています。

■家族・子ども向け出張撮影プラットフォーム「fotowa」について

「fotowa」は、撮影して欲しい人とカメラマン(以下、フォトグラファー)をつなぐ、家族・子ども向けの出張撮影プラットフォームです。

20220422___LGBTQ____L11.png
シンプルな料金設計と、好きな場所に好きなフォトグラファーを指名して撮影予約ができるのが特徴。 マタニティ、ニューボーン(新生児)、お宮参り、誕生日、七五三、卒入園・卒入学、成人式、結婚式の前撮り・後撮り、長寿祝いなど、ご家族の記念日に寄り添う「我が家の専属カメラマン」として、全国のご家族にご利用いただいています。

20220422___LGBTQ____L2.png

■ fotowaサービス概要
概要 家族・子ども向け出張撮影プラットフォーム
撮影所要時間 60分
依頼料金 [平日]19,800円(税込21,780円) [土日祝][土日祝]23,800円(税込26,180円)
[ギフト券]26,180円 ※課税対象外
※指名料、出張料、撮影料、データ納品料含みます
提供写真枚数 75枚以上(すべてデータ納品)
※撮影時の状況または天候等により、当該枚数に達しない場合もあります。
保証 全額返金保証
サービス提供地域  全国47都道府県
URL https://fotowa.com/
特徴
  • 作品・面談・実技の3審査を通過したフォトグラファーのみ登録
  • 日時場所、作風から好きなフォトグラファーを選べる
  • どのフォトグラファーを指名しても同一料金の明瞭会計
  • 撮った写真は完全データ納品
  • 納品された写真に満足できなければ全額返金保証
  • 出産祝いや結婚祝いに嬉しい出張撮影ギフト券のプレゼントも可能

fotowaの感染予防の取り組み
https://fotowa.com/funmily/2020/02/coronavirus/

 

■会社概要

社 名:ピクスタ株式会社(東証グロース:3416)
設 立:2005年8月25日
所在地:東京都渋谷区渋谷三丁目3番5号 NBF渋谷イースト7階
TEL:03-5774-2692 / FAX:03-5774-2695
資本金:325,717千円(2021年12月末時点)
代表取締役社長:古俣 大介
URL:https://pixta.co.jp/
事業内容:デジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」、
     法人向け出張撮影・カメラマンサービス「PIXTAオンデマンド」、
     出張撮影プラットフォーム「fotowa」の運営
子会社:スナップマート株式会社
    PIXTA ASIA PTE. LTD.
    PIXTA VIETNAM CO., LTD.

 

■ 取材に関するお問い合わせ

ピクスタ株式会社 担当:小林、西
MAIL:pr@pixta.co.jp
※当社は現在「リモートワーク主流の働き方」に移行しております。
※恐れ入りますが、お問い合わせはメールにてお願いいたします。

ニュース一覧へ戻る