事業内容

当社グループは「クリエイティブ・プラットフォーム事業」を主な事業とし、現在、PIXTA、fotowa、Snapmartという3つのクリエイティブプラットフォームを運営しています。

PIXTA | デジタル素材マーケットプレイス

fotowa | 出張撮影マッチングサービス / Snapmart | スマホ写真のマーケットプレイス

事業環境

PIXTAの事業環境
国内のデジタル素材市場は当社推計で数百億円と見ています。
デジタル媒体やWeb広告、Webマーケティングの普及やビジュアル・コミュニケーションの活性化により、素材の活用頻度は急激に増えています。

デジタル素材市場数百億円のなかで最も競争力が高いのがPIXTA

時代に変化に伴い、ビジュアル素材のニーズは急増

利用用途の拡大によりビジュアル素材のニーズは飛躍的に増加傾向

fotowaの事業環境
子供写真館市場規模は2016年で688億円かつ拡大傾向にあります。
年間で2~300万件の撮影が行われていると推計しています。
今後も、ライフイベントでの撮影機会の増加やSNS等での写真共有文化の拡大により、市場は継続的に拡大すると見ています。

市場規模は拡大し、年間撮影件数は2〜300万件にのぼる